NHK高校講座

現代社会

ラジオ第2放送 毎週 月曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代社会

ラジオ第2放送 毎週 月曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第18回 法の支配と人権

問題 解答
Q1 「法の支配」についての考え方として、最も適切なものはどれか。
  • どんなに不当な法にでも従わなければならない。
  • 支配者は法を自由につくることができる。
  • どんな権力でも法に反することはできない。
Q2 法の分類について、最も適切なものはどれか。
  • 「人を殺してはいけない」など、元々あるとされる法を実定法という。
  • 国家(政府)と個人との関係にかかわるのが公法である。憲法、行政法、刑法がその例。
  • 長い時間をかけて固まった法を制定法という。
Q3 裁判について、間違っているものは次のうちどれか。
  • 刑事裁判の原則のうち、罪刑法定主義とは法律であらかじめ罪について決めておかなければいけないことである。
  • 刑事裁判の原則のうち、無罪推定とは裁判で有罪となるまでは、訴えられた人は無罪と見なされることである。
  • 刑事裁判の意義とは、人びとの間での、お金をめぐる、あるいは家族関係をめぐるトラブルなどを解決することで、人びとが安心して暮らすことができることである。
Q1
「法の支配」についての考え方として、最も適切なものはどれか。
  • どんなに不当な法にでも従わなければならない。
  • 支配者は法を自由につくることができる。
  • どんな権力でも法に反することはできない。
Q2
法の分類について、最も適切なものはどれか。
  • 「人を殺してはいけない」など、元々あるとされる法を実定法という。
  • 国家(政府)と個人との関係にかかわるのが公法である。憲法、行政法、刑法がその例。
  • 長い時間をかけて固まった法を制定法という。
Q3
裁判について、間違っているものは次のうちどれか。
  • 刑事裁判の原則のうち、罪刑法定主義とは法律であらかじめ罪について決めておかなければいけないことである。
  • 刑事裁判の原則のうち、無罪推定とは裁判で有罪となるまでは、訴えられた人は無罪と見なされることである。
  • 刑事裁判の意義とは、人びとの間での、お金をめぐる、あるいは家族関係をめぐるトラブルなどを解決することで、人びとが安心して暮らすことができることである。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約