NHK高校講座

政治・経済

ラジオ第2放送 毎週 土曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、2018年度の新作です。

政治・経済

ラジオ第2放送 毎週 土曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、2018年度の新作です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第16回 国際政治の動向

問題 解答
Q1 「冷戦って何?」の中で述べられていたことについて、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 冷戦下において、ソ連を中心とする国々は「西側陣営」とよばれた。
  • 東西陣営の対立はキューバ危機以降、緊張緩和の道が開かれることとなった。
  • 1950年代から1960年代にかけて、植民地支配から独立したアジアやアフリカの多くの国々は、西側陣営についた。
Q2 「冷戦後の世界はどのようになっているか?」の中で述べられていたことについて、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 冷戦後もNATO(北大西洋条約機構)に旧東欧諸国が加盟することはなかった。
  • 冷戦後の国際関係は、冷戦期のアメリカとソ連のような明確な対立軸はなくなった。
  • 冷戦後、グローバル化が進んだが、国境を越えた摩擦は広がらなかった。
Q3 「国際政治の現状は?」の中で述べられていたことについて、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • アメリカのトランプ大統領は、「アメリカファースト」を掲げて政策を実施している。
  • 包括的核実験禁止条約は、1996年に発効した。
  • 核兵器禁止条約には、日本も参加している。
Q1
「冷戦って何?」の中で述べられていたことについて、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 冷戦下において、ソ連を中心とする国々は「西側陣営」とよばれた。
  • 東西陣営の対立はキューバ危機以降、緊張緩和の道が開かれることとなった。
  • 1950年代から1960年代にかけて、植民地支配から独立したアジアやアフリカの多くの国々は、西側陣営についた。
Q2
「冷戦後の世界はどのようになっているか?」の中で述べられていたことについて、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 冷戦後もNATO(北大西洋条約機構)に旧東欧諸国が加盟することはなかった。
  • 冷戦後の国際関係は、冷戦期のアメリカとソ連のような明確な対立軸はなくなった。
  • 冷戦後、グローバル化が進んだが、国境を越えた摩擦は広がらなかった。
Q3
「国際政治の現状は?」の中で述べられていたことについて、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • アメリカのトランプ大統領は、「アメリカファースト」を掲げて政策を実施している。
  • 包括的核実験禁止条約は、1996年に発効した。
  • 核兵器禁止条約には、日本も参加している。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約