NHK高校講座

政治・経済

ラジオ第2放送 毎週 土曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

政治・経済

ラジオ第2放送 毎週 土曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第11回 裁判所と司法

問題 解答
Q1 「裁判は遠いもの?」の中で述べられていたことについて、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 民事訴訟は、犯罪関係の事件で国を代表して検察官が被告人を訴えるものである。
  • 裁判所の独立と裁判官の独立とをまとめて「司法権の独立」という。
  • 日本では異なった裁判所で2回まで裁判を受けることができる。
Q2 「違憲法令審査権」についてどのように述べられていたか、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 違憲法令審査権は最高裁判所のみが有している。
  • 法律の解釈は裁判所の役目であり、憲法に反する法律は裁判所が違憲と判断する。
  • 日本の最高裁判所は、違憲法令審査権を積極的に行使しようとする傾向にある。
Q3 「裁判員裁判」についてどのように述べられていたか、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 裁判員は、刑事事件の裁判の判決までは関係しない。
  • 裁判が主権者である国民の常識と離れないようにする必要があるため、日本では国民の司法参加が検討された。
  • 裁判員制度は、大きな司法制度改革とは別の流れで生まれてきたものである。
Q1
「裁判は遠いもの?」の中で述べられていたことについて、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 民事訴訟は、犯罪関係の事件で国を代表して検察官が被告人を訴えるものである。
  • 裁判所の独立と裁判官の独立とをまとめて「司法権の独立」という。
  • 日本では異なった裁判所で2回まで裁判を受けることができる。
Q2
「違憲法令審査権」についてどのように述べられていたか、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 違憲法令審査権は最高裁判所のみが有している。
  • 法律の解釈は裁判所の役目であり、憲法に反する法律は裁判所が違憲と判断する。
  • 日本の最高裁判所は、違憲法令審査権を積極的に行使しようとする傾向にある。
Q3
「裁判員裁判」についてどのように述べられていたか、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 裁判員は、刑事事件の裁判の判決までは関係しない。
  • 裁判が主権者である国民の常識と離れないようにする必要があるため、日本では国民の司法参加が検討された。
  • 裁判員制度は、大きな司法制度改革とは別の流れで生まれてきたものである。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約