NHK高校講座

政治・経済

ラジオ第2放送 毎週 土曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

政治・経済

ラジオ第2放送 毎週 土曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第7回 新しい人権

問題 解答
Q1 新しい人権についてどのように述べられていたか、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 「環境権」の保障は、国際協力を必要とする問題とはなっていない。
  • 「プライバシーの権利」は、国民全員にとって大切な「自分に関する情報を自分でコントロールする権利」とされるようになった。
  • 「知る権利」は、情報や意見を受ける側からではなく、送る側から見た権利である。
Q2 「人権を実現するための義務」についてどのようなことが述べられていたか、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 義務教育は、子どもが学校に行く義務である。
  • 国民の義務は、国が国民に命じたものととらえる必要がある。
  • 納税の義務については、税を納めるのではなく、税を払うと考えるべきである。
Q3 「権利の対立と公正な解決」についてどのようなことが述べられていたか、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 「公共の福祉」とは、必ずしもみんなに共通の幸せであるとは限らない。
  • 「公共の福祉」とは、私たちとは別に存在する国や公の利益・秩序のことである。
  • 権利どうしが対立したときには、「公共の福祉」をもとに判断することになる。
Q1
新しい人権についてどのように述べられていたか、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 「環境権」の保障は、国際協力を必要とする問題とはなっていない。
  • 「プライバシーの権利」は、国民全員にとって大切な「自分に関する情報を自分でコントロールする権利」とされるようになった。
  • 「知る権利」は、情報や意見を受ける側からではなく、送る側から見た権利である。
Q2
「人権を実現するための義務」についてどのようなことが述べられていたか、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 義務教育は、子どもが学校に行く義務である。
  • 国民の義務は、国が国民に命じたものととらえる必要がある。
  • 納税の義務については、税を納めるのではなく、税を払うと考えるべきである。
Q3
「権利の対立と公正な解決」についてどのようなことが述べられていたか、次の中からふさわしいものを選ぼう。
  • 「公共の福祉」とは、必ずしもみんなに共通の幸せであるとは限らない。
  • 「公共の福祉」とは、私たちとは別に存在する国や公の利益・秩序のことである。
  • 権利どうしが対立したときには、「公共の福祉」をもとに判断することになる。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約