NHK高校講座

倫理

ラジオ第2放送 毎週 金曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

  • 高校講座HOME
  • >> 倫理
  • >> 第23回 第3章 国際社会に生きる日本人の自覚 西洋思想との出会い

倫理

ラジオ第2放送 毎週 金曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

  • 1/5
    はじめに(1分9秒)
  • 2/5
    福沢諭吉と自由民権思想(7分57秒)
  • 3/5
    キリスト教と社会思想(4分8秒)
  • 4/5
    森鴎外と夏目漱石にみる近代(4分10秒)
  • 5/5
    今日のまとめ(2分33秒)

明治になって、日本人は西洋思想をどのように受け入れたかについて、福沢諭吉の天賦人権論や自由民権運動、内村鑑三のキリスト教、夏目漱石や森鴎外の文学などを例にあげながら考える。彼らは、西洋思想に学びながらも、それぞれ独自の思想を作り上げていった。そうした明治の先人たちの努力のあとをたどってみる。

  • 講師:日本女子大学教授 田中 久文
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約