NHK高校講座

倫理

ラジオ第2放送 毎週 金曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

  • 高校講座HOME
  • >> 倫理
  • >> 第19回 第3章 国際社会に生きる日本人の自覚 日本人の宗教観と倫理観

倫理

ラジオ第2放送 毎週 金曜日 午後7:50〜8:10
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

  • 1/5
    はじめに(53秒)
  • 2/5
    神々の共存(6分31秒)
  • 3/5
    重層的文化(3分43秒)
  • 4/5
    清き明き心の伝統(6分41秒)
  • 5/5
    今日のまとめ(2分9秒)

日本人は自然を神聖なものと感じ、自然の背後に神々を感じとってきた。また、世界を支配する究極の神を置かずに、多くの神と仏とを共存させてきた。また自然の清らかさを理想として、人間もまた汚れのない心で生きなければならないと考えた。そうした日本人の宗教観・倫理観の特色とその現代的意義について考える。

  • 講師:日本女子大学教授 田中 久文
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約