NHK高校講座

音楽T

ラジオ第2放送 毎週 木曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

  • 高校講座HOME
  • >> 音楽T
  • >> 第33回  中世・ルネサンス期の音楽 〜西洋音楽の歴史と鑑賞(7)〜

音楽T

ラジオ第2放送 毎週 木曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

  • 1/5
    はじめに(2分57秒)
  • 2/5
    中世からルネサンスの音楽のあり方(3分47秒)
  • 3/5
    キリスト教と西洋音楽の関係(3分52秒)
  • 4/5
    グレゴリオ聖歌からジョスカン・デ・プレまで(7分56秒)
  • 5/5
    まとめ(1分25秒)

これまで、「西洋音楽の歴史と鑑賞」では、バロック時代から現代にいたるまでの音楽を扱ってきました。今回、焦点をあてるのはバロック期よりも前の時代、中世からルネサンス期にかけての音楽です。バッハよりもさらに前の音楽だけに、その性格は我々の知っている「クラシック音楽」とは少しばかり様相を異にしているように見えるかもしれません。しかしこれらの音楽は間違いなく、西洋芸術音楽の基盤を成しているのです。

  • 桐朋学園大学准教授 沼野 雄司
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約