NHK高校講座

音楽T

ラジオ第2放送 毎週 木曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

  • 高校講座HOME
  • >> 音楽T
  • >> 第16回  二極分化するロマン派音楽 〜西洋音楽の歴史と鑑賞(4)〜

音楽T

ラジオ第2放送 毎週 木曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

  • 1/6
    はじめに:シューマン「美しい5月に」(2分45秒)
  • 2/6
    ロマン派という概念について(4分16秒)
  • 3/6
    小規模なピアノ曲と大規模な管絃楽曲(6分13秒)
  • 4/6
    ロマン派音楽を体験:ショパンの作品(3分4秒)
  • 5/6
    マーラー交響曲8番(2分28秒)
  • 6/6
    学習のまとめ(1分12秒)

19 世紀、ヨーロッパの市民社会と共に発達を遂げたのが、いわゆる「ロマン派」の音楽です。今回は、「ロマン派」という概念について理解を深めながら、この時代の音楽を、きわめて小規模なピアノ作品と、そして重厚長大な管弦楽作品という2 つの世界の対比としてとらえます。そのうえで時間の許す限り、表情豊かなロマン派の音楽を聴いてもらい、その特徴を実際に体感してみましょう。

  • 桐朋学園大学准教授 沼野 雄司
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約