NHK高校講座

音楽T

ラジオ第2放送 毎週 木曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

音楽T

ラジオ第2放送 毎週 木曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

  • 1/5
    はじめに:わらべうたと民謡(2分0秒)
  • 2/5
    地域に伝わる音楽に目を向ける(3分54秒)
  • 3/5
    <楽器の伴奏のついた民謡>(4分37秒)
  • 4/5
    わらべうた・民謡の音階やリズム(7分34秒)
  • 5/5
    声の使い方の特徴を考える(1分53秒)

わらべうたや民謡は、人々の暮らしの中で自然に生まれ、古くから各地域で歌いつがれてきたものです。口伝えで受け継がれる中で、用途や土地柄に合わせ、歌詞や節回しを工夫して歌われました。20 世紀以降は、各地の民謡が文字や楽譜・録音によって本格的に記録されるようになります。今回は、わらべうたや民謡のさまざまな姿にふれ、そこから私たちの根っこにある音感覚や音楽的な特徴を考えます。

  • 東京藝術大学教授 塚原 康子
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約