NHK高校講座

音楽T

ラジオ第2放送 毎週 木曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

  • 高校講座HOME
  • >> 音楽T
  • >> 第11回  「ソナタ形式」と古典派音楽 〜西洋音楽の歴史と鑑賞(3)〜

音楽T

ラジオ第2放送 毎週 木曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

  • 1/6
    はじめに:モーツアルト交響曲40番(2分12秒)
  • 2/6
    古典派という概念を理解する(2分46秒)
  • 3/6
    ソナタ形式とは何か(8分25秒)
  • 4/6
    古典派音楽を体験:ハイドンの作品(2分48秒)
  • 5/6
    ベートーヴェンのピアノソナタ21番(2分38秒)
  • 6/6
    学習のまとめ(1分7秒)

モーツァルトやベートーヴェンなど、音楽史を代表する作曲家たちが活躍したのが「古典派」とよばれる時代です。今回は、この時代の器楽曲における音楽形式を特徴づける「ソナタ形式」にポイントをしぼって、実際の作品を聴きながら、それがいったいどういう性格をもった形式なのかを体感してもらいます。また同時に、ピアノ・ソナタや弦楽四重奏曲といった、この時代に発展した音楽ジャンルについても学んでいきましょう。

  • 桐朋学園大学准教授 沼野 雄司
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約