NHK高校講座

音楽T

ラジオ第2放送 毎週 木曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

  • 高校講座HOME
  • >> 音楽T
  • >> 第9回  元気に跳ね回るバロック音楽 〜西洋音楽の歴史と鑑賞(2)〜

音楽T

ラジオ第2放送 毎週 木曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、昨年度の再放送です。

今回の学習

  • 1/6
    はじめに:バロック音楽とは(2分32秒)
  • 2/6
    バロック時代という概念について(3分1秒)
  • 3/6
    協奏曲とリトルネロ形式の関係について(5分42秒)
  • 4/6
    バロック音楽を体験する【コレッリの作品】(2分47秒)
  • 5/6
    【バッハの作品】(4分44秒)
  • 6/6
    今日の学習のまとめ(1分10秒)

クラシック音楽の世界では17 世紀から18 世紀半ばまでを、一般に「バロック時代」と呼んでいます。今回は、この時代のはじまりのきっかけがオペラというジャンルの誕生にあったこを踏まえたうえで、とりわけ「協奏曲」にポイントをしぼって、その「元気に跳ねまわる」ような音楽の世界を探っていきます。協奏曲ではどのような形式が用いられているのか、そしてどのようなタイプの協奏曲があるのかなどについて学んでいきましょう。

  • 桐朋学園大学准教授 沼野 雄司
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約