NHK高校講座

古典

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

古典

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第78回 玉勝間 (2) 〜兼好法師が詞のあげつらひ(2)〜

問題 解答
Q1 宣長の美意識の中心にあるのはどのようなことなのでしょうか?
  • 人間の自然な感情
  • 本心をあらわにしないこと
  • 物事を批判的にとらえる見方
Q2 悲しい思いを詠んだ歌に秀歌が多い理由を、宣長はどのように考えているでしょうか?
  • 悲しい思いを詠んだ歌の方が、一段上のものとして見られることが多いから
  • 嬉しいことを詠んだ歌は自慢気で嫌味なものであって、人々に好まれないから
  • 人は嬉しいことよりも悲しいことの方が身にしみて感じられるものだから
Q3 宣長は、「人のまことの情」とはどんなものだと述べているでしょうか?
  • 頭を働かせてものごとを理解する「さかしら心」
  • 人間本来の思いを大切にする「もののあはれ」
  • 「わびしく悲しき」を願う心
Q1
宣長の美意識の中心にあるのはどのようなことなのでしょうか?
  • 人間の自然な感情
  • 本心をあらわにしないこと
  • 物事を批判的にとらえる見方
Q2
悲しい思いを詠んだ歌に秀歌が多い理由を、宣長はどのように考えているでしょうか?
  • 悲しい思いを詠んだ歌の方が、一段上のものとして見られることが多いから
  • 嬉しいことを詠んだ歌は自慢気で嫌味なものであって、人々に好まれないから
  • 人は嬉しいことよりも悲しいことの方が身にしみて感じられるものだから
Q3
宣長は、「人のまことの情」とはどんなものだと述べているでしょうか?
  • 頭を働かせてものごとを理解する「さかしら心」
  • 人間本来の思いを大切にする「もののあはれ」
  • 「わびしく悲しき」を願う心
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約