NHK高校講座

国語総合

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、前年度の再放送です。

国語総合

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第72回 平家物語 木曽の最期 (1)

問題 解答
Q1 「日ごろは何ともおぼえぬ鎧が、今日は重うなつたるぞや。」というせりふからは、義仲のどのような思いを読み取ることができるか。次から選びなさい。
  • 厳しい戦況を受けて弱気になっている思い
  • 敵を目の前にして気持ちが高ぶっている思い
  • 今後の戦いも平常心で乗り切ろうという思い
Q2 粟津の松原で自害するよう進言された義仲は兼平にどのようなことを言ったのか。次から選びなさい。
  • せめてもう一度都に攻め入ってから死にたい
  • 乳母子である兼平と一緒に最期を迎えたい
  • 大切な家来である兼平だけは助けたい
Q3 兼平はなぜ義仲に自害するよう訴えたのか。次から選びなさい。
  • 敵に攻められて弱気になっている義仲を見てがっかりし、このままでは自分の足手まといになると思ったから。
  • 義仲が見事に自害して果てれば敵もその気概におじけづいて、現在の不利な形勢を逆転できると考えたから。
  • 敵方の取るに足りないようなだれかの家来に討ち取られるようなことがあったら、武士としての名誉を汚されてしまうから。
Q1
「日ごろは何ともおぼえぬ鎧が、今日は重うなつたるぞや。」というせりふからは、義仲のどのような思いを読み取ることができるか。次から選びなさい。
  • 厳しい戦況を受けて弱気になっている思い
  • 敵を目の前にして気持ちが高ぶっている思い
  • 今後の戦いも平常心で乗り切ろうという思い
Q2
粟津の松原で自害するよう進言された義仲は兼平にどのようなことを言ったのか。次から選びなさい。
  • せめてもう一度都に攻め入ってから死にたい
  • 乳母子である兼平と一緒に最期を迎えたい
  • 大切な家来である兼平だけは助けたい
Q3
兼平はなぜ義仲に自害するよう訴えたのか。次から選びなさい。
  • 敵に攻められて弱気になっている義仲を見てがっかりし、このままでは自分の足手まといになると思ったから。
  • 義仲が見事に自害して果てれば敵もその気概におじけづいて、現在の不利な形勢を逆転できると考えたから。
  • 敵方の取るに足りないようなだれかの家来に討ち取られるようなことがあったら、武士としての名誉を汚されてしまうから。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約