NHK高校講座

国語総合

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2017年度の新作です。

国語総合

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第37回 羅生門 (3) (芥川龍之介)

問題 解答
Q1 老婆に太刀を突きつけた下人が、それまでの態度と変わって、少し声を和らげて老婆に語りかけたのはなぜか。次から選びなさい。
  • 自分の方が優位に立っているということを確認できたから
  • 自分の行為が正義に基づいたものだということを確信したから
  • 自分と老婆は同じような境遇にいるということが分かったから
Q2 「死人の髪の毛を抜いてかつらを作る」という老婆の言葉を聞いたときの下人の気持ちを次から選びなさい。
  • 平凡な答えに失望し、老婆に対する憎悪の念が再び沸きあがってきた
  • 意外な答えに驚き、老婆を恐れる気持ちが大きくなっていった
  • 予想通りの答えにがっかりし、老婆に対する関心が薄れていった
Q3 老婆は死人の髪の毛を抜くという行為を正当化するためにどのような弁解をしていますか。次から選びなさい。
  • そもそも死人の髪の毛を抜くことを悪と決め付けることはできないはずなので、誰も自分の行為をとがめることはできないだろうということ
  • こうしなければ自分は飢え死にをするし、この死人も生前は飢え死にしないために悪事を働いていたので、自分の行為を許してくれるだろうということ
  • 死人となった女が干し魚と偽って売り歩いていた蛇や、髪の毛を抜いて作ったかつらは需要があるのだから、かまわないだろうということ
Q1
老婆に太刀を突きつけた下人が、それまでの態度と変わって、少し声を和らげて老婆に語りかけたのはなぜか。次から選びなさい。
  • 自分の方が優位に立っているということを確認できたから
  • 自分の行為が正義に基づいたものだということを確信したから
  • 自分と老婆は同じような境遇にいるということが分かったから
Q2
「死人の髪の毛を抜いてかつらを作る」という老婆の言葉を聞いたときの下人の気持ちを次から選びなさい。
  • 平凡な答えに失望し、老婆に対する憎悪の念が再び沸きあがってきた
  • 意外な答えに驚き、老婆を恐れる気持ちが大きくなっていった
  • 予想通りの答えにがっかりし、老婆に対する関心が薄れていった
Q3
老婆は死人の髪の毛を抜くという行為を正当化するためにどのような弁解をしていますか。次から選びなさい。
  • そもそも死人の髪の毛を抜くことを悪と決め付けることはできないはずなので、誰も自分の行為をとがめることはできないだろうということ
  • こうしなければ自分は飢え死にをするし、この死人も生前は飢え死にしないために悪事を働いていたので、自分の行為を許してくれるだろうということ
  • 死人となった女が干し魚と偽って売り歩いていた蛇や、髪の毛を抜いて作ったかつらは需要があるのだから、かまわないだろうということ
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約