NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第57回 平家物語 木曽の最期 (1)

問題 解答
Q1 「今井四郎」と「木曽殿」との関係として、正しいものはどれですか?
  • 家来である「木曽殿」と、その主人である「今井四郎」。
  • 主人である「源頼朝」に仕える家来同士。
  • 主人である「木曽殿」と、家来の「今井四郎」。
Q2 冒頭の「日ごろは何ともおぼえぬ鎧が、今日は重うなつたるぞや」というセリフは、誰の言葉ですか?
  • 今井四郎
  • 木曽殿
  • 新手の武者
Q3 「今井四郎」が「木曽殿」に自害を進めた理由として、正しいものはどれですか?
  • 「今井四郎」は勝ち目がないと気づいており、まだ死を受け入れない「木曽殿」に覚悟を迫るため。
  • 主人である「木曽殿」が名もない者に討たれる不名誉を受けずに、立派な最期を果たしてほしいから。
  • このまま手負いの「木曽殿」と一緒に逃げていると、自分も共倒れになってしまうおそれがあるから。
Q1
「今井四郎」と「木曽殿」との関係として、正しいものはどれですか?
  • 家来である「木曽殿」と、その主人である「今井四郎」。
  • 主人である「源頼朝」に仕える家来同士。
  • 主人である「木曽殿」と、家来の「今井四郎」。
Q2
冒頭の「日ごろは何ともおぼえぬ鎧が、今日は重うなつたるぞや」というセリフは、誰の言葉ですか?
  • 今井四郎
  • 木曽殿
  • 新手の武者
Q3
「今井四郎」が「木曽殿」に自害を進めた理由として、正しいものはどれですか?
  • 「今井四郎」は勝ち目がないと気づいており、まだ死を受け入れない「木曽殿」に覚悟を迫るため。
  • 主人である「木曽殿」が名もない者に討たれる不名誉を受けずに、立派な最期を果たしてほしいから。
  • このまま手負いの「木曽殿」と一緒に逃げていると、自分も共倒れになってしまうおそれがあるから。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約