NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第51回 ●言語活動 「元になった古典作品と読み比べよう」

問題 解答
Q1 小説『羅生門』の元になった古典作品の説明として、適切なものはどれですか?
  • 平安時代初期に作られた随筆である『今昔物語集』。
  • 平安時代中期に作られた説話集である『宇治拾遺物語』。
  • 平安時代末期に作られた説話集である『今昔物語集』。
Q2 小説『羅生門』と古典作品との共通点として、指摘されていたものはどれですか?
  • 男が盗みを働くまでの心の中に起きた葛藤の描写。
  • 男がさびれた門の上で盗みを働くという設定。
  • 男が仕事を失うまでの経緯。
Q3 小説『羅生門』における「下人」の「にきび」の働きとして、説明されていたものはどれですか?
  • 「下人」の若さを表すものであり、心の葛藤を表す象徴ともなっている。
  • 「下人」の疲れを表しているが、同時に若い希望が垣間見える描写でもある。
  • 「下人」が特別な存在であることを強調し、注目を集める働きをしている。
Q1
小説『羅生門』の元になった古典作品の説明として、適切なものはどれですか?
  • 平安時代初期に作られた随筆である『今昔物語集』。
  • 平安時代中期に作られた説話集である『宇治拾遺物語』。
  • 平安時代末期に作られた説話集である『今昔物語集』。
Q2
小説『羅生門』と古典作品との共通点として、指摘されていたものはどれですか?
  • 男が盗みを働くまでの心の中に起きた葛藤の描写。
  • 男がさびれた門の上で盗みを働くという設定。
  • 男が仕事を失うまでの経緯。
Q3
小説『羅生門』における「下人」の「にきび」の働きとして、説明されていたものはどれですか?
  • 「下人」の若さを表すものであり、心の葛藤を表す象徴ともなっている。
  • 「下人」の疲れを表しているが、同時に若い希望が垣間見える描写でもある。
  • 「下人」が特別な存在であることを強調し、注目を集める働きをしている。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約