NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第50回 羅生門 (5) (芥川龍之介)

問題 解答
Q1 小説『羅生門』の出版にまつわる話として、適切なのはどれですか?
  • 芥川が作家人生の集大成として創作し、高い評価を得た。
  • 芥川が学生時代に執筆し、他の短編も加えて短編集として発表した。
  • 執筆当時無名だった芥川の作品が、映画界の巨匠・黒澤明の目に止まり評価を上げた。
Q2 「下人の行方は、誰も知らない。」という作品の終わり方に関して、正しく説明しているものはどれですか?
  • 「下人」の未来を読者自身に想像させる表現であり、執筆当初から高い評価を得ていた。
  • 最初に発表された形から芥川によって書き換えられ、現在の余白のある表現へと変化してきた。
  • 「下人」がこの先どうなっていくのかわかりづらい終わり方なので、最新版ではよりすっきりした終わり方に書き換えられている。
Q3 物語全体の語り手について説明したものとして、正しいものはどれですか?
  • 最初から最後まで「下人」に寄り添って語られていた。
  • 最初は「下人」に寄り添っていたが、羅生門の中の場面では「老婆」の視点が多くなった。
  • ほとんど「下人」に寄り添っていたが、最後だけ「老婆」の視点で語られていた。
Q1
小説『羅生門』の出版にまつわる話として、適切なのはどれですか?
  • 芥川が作家人生の集大成として創作し、高い評価を得た。
  • 芥川が学生時代に執筆し、他の短編も加えて短編集として発表した。
  • 執筆当時無名だった芥川の作品が、映画界の巨匠・黒澤明の目に止まり評価を上げた。
Q2
「下人の行方は、誰も知らない。」という作品の終わり方に関して、正しく説明しているものはどれですか?
  • 「下人」の未来を読者自身に想像させる表現であり、執筆当初から高い評価を得ていた。
  • 最初に発表された形から芥川によって書き換えられ、現在の余白のある表現へと変化してきた。
  • 「下人」がこの先どうなっていくのかわかりづらい終わり方なので、最新版ではよりすっきりした終わり方に書き換えられている。
Q3
物語全体の語り手について説明したものとして、正しいものはどれですか?
  • 最初から最後まで「下人」に寄り添って語られていた。
  • 最初は「下人」に寄り添っていたが、羅生門の中の場面では「老婆」の視点が多くなった。
  • ほとんど「下人」に寄り添っていたが、最後だけ「老婆」の視点で語られていた。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約