NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第49回 羅生門 (4) (芥川龍之介)

問題 解答
Q1 今回の最後の場面で「下人の心には、ある勇気が生まれてきた」とありますが、「ある勇気」とはどのような感情ですか?
  • 老婆に対する冷ややかな侮蔑(ぶべつ)。
  • 「頭身の毛も太る」ような強い正義感。
  • 盗人になっても自分が生き抜いていくという気概。
Q2 老婆の姿や様子に関する表現を説明したものとして、適切なものはどれでしょうか。
  • 「猿」、「鶏(鳥)」、「蟇(蛙)」と、どんどん小さな動物に喩えることで、「下人」と「老婆」の関係性の変化がうまく表現されている。
  • 「猿の親が猿の子のしらみを取るように」などのように、「下人」と「老婆」が似たものどうしであるということを暗示している。
  • 「猿」、「鶏(鳥)」、「蟇(蛙)」など、身近な動物に喩えることで、両者の存在が身近である印象を加えている。
Q3 物語全体を通して、「下人」はどのように変化しましたか?
  • 生きることに無気力だった「下人」が、正義を働くことの意義を見出した。
  • 仕事を失い途方に暮れていた「下人」が、生きていくための理屈を手に入れた。
  • 絶望の淵に立たされた「下人」が、「老婆」との関わりの中で希望を抱いて歩き出した。
Q1
今回の最後の場面で「下人の心には、ある勇気が生まれてきた」とありますが、「ある勇気」とはどのような感情ですか?
  • 老婆に対する冷ややかな侮蔑(ぶべつ)。
  • 「頭身の毛も太る」ような強い正義感。
  • 盗人になっても自分が生き抜いていくという気概。
Q2
老婆の姿や様子に関する表現を説明したものとして、適切なものはどれでしょうか。
  • 「猿」、「鶏(鳥)」、「蟇(蛙)」と、どんどん小さな動物に喩えることで、「下人」と「老婆」の関係性の変化がうまく表現されている。
  • 「猿の親が猿の子のしらみを取るように」などのように、「下人」と「老婆」が似たものどうしであるということを暗示している。
  • 「猿」、「鶏(鳥)」、「蟇(蛙)」など、身近な動物に喩えることで、両者の存在が身近である印象を加えている。
Q3
物語全体を通して、「下人」はどのように変化しましたか?
  • 生きることに無気力だった「下人」が、正義を働くことの意義を見出した。
  • 仕事を失い途方に暮れていた「下人」が、生きていくための理屈を手に入れた。
  • 絶望の淵に立たされた「下人」が、「老婆」との関わりの中で希望を抱いて歩き出した。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約