NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第46回 羅生門 (1) (芥川龍之介)

問題 解答
Q1 芥川龍之介の小説『羅生門』は、いつの時代を舞台にした話ですか?
  • 大正時代
  • 平安時代
  • 江戸時代
Q2 物語の冒頭に登場する「男」は「下人」と表記されていますが、「下人」とはどのような人物ですか。
  • 主人に仕える身分の低い者。
  • 人に追われる犯罪をおかした者。
  • 食べるものもない貧しい者。
Q3 『羅生門』の冒頭における特徴の説明として、適切なものはどれですか。
  • 平安時代の都の中心である羅生門という華やかな場所を舞台にして、貴族の文化や日常生活のイメージを広げる工夫がされている。
  • 多くの人々が行きかう雑踏を描写し、特定の誰か一人に焦点を当てることなく、社会全体が抱える闇を描き出し強調している。
  • 読者がイメージしやすい詳細な情景描写がなされており、どんどん闇の世界に引き込まれていくように印象付けられている。
Q1
芥川龍之介の小説『羅生門』は、いつの時代を舞台にした話ですか?
  • 大正時代
  • 平安時代
  • 江戸時代
Q2
物語の冒頭に登場する「男」は「下人」と表記されていますが、「下人」とはどのような人物ですか。
  • 主人に仕える身分の低い者。
  • 人に追われる犯罪をおかした者。
  • 食べるものもない貧しい者。
Q3
『羅生門』の冒頭における特徴の説明として、適切なものはどれですか。
  • 平安時代の都の中心である羅生門という華やかな場所を舞台にして、貴族の文化や日常生活のイメージを広げる工夫がされている。
  • 多くの人々が行きかう雑踏を描写し、特定の誰か一人に焦点を当てることなく、社会全体が抱える闇を描き出し強調している。
  • 読者がイメージしやすい詳細な情景描写がなされており、どんどん闇の世界に引き込まれていくように印象付けられている。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約