NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第44回 雨漏りの音 (3) (長嶋 有)

問題 解答
Q1 「晴人」が差し出した手に「もう、いいから、それ。」と答えた時の「茜」の心境の説明として、正しいものはどれですか?
  • 「晴人」のわざとらしい行為に対して少し嫌悪感を抱いている。
  • 「晴人」の父親としての自覚の強さに頼りがいを感じている。
  • 「晴人」の未来に「茜」自身が感じた父の姿を重ねて想像している。
Q2 「雨漏りの音」という小説の特徴の説明として、正しいものはどれですか?
  • 「雨漏りの音」を効果的に使い、「茜」の寂しさをうまく表現している。
  • 「過去」のエピソードを振り返ることで、過去と現在と未来をうまくつないでいる。
  • 「茜」と「晴人」のズレを描くことで、二人の未来への不安が強調されている。
Q3 小説を読むことの面白さのひとつを説明したものとして、正しいものはどれですか?
  • 現実の自分自身の悩みや不安に対する解決策が、必ず小説の中からみつけられること。
  • 小説に描かれた人間関係や心情をきっかけに、現実のできごとを客観的に振り返れること。
  • 実話ではない小説は作られた物語なので、現実の悩みや不安を忘れることができること。
Q1
「晴人」が差し出した手に「もう、いいから、それ。」と答えた時の「茜」の心境の説明として、正しいものはどれですか?
  • 「晴人」のわざとらしい行為に対して少し嫌悪感を抱いている。
  • 「晴人」の父親としての自覚の強さに頼りがいを感じている。
  • 「晴人」の未来に「茜」自身が感じた父の姿を重ねて想像している。
Q2
「雨漏りの音」という小説の特徴の説明として、正しいものはどれですか?
  • 「雨漏りの音」を効果的に使い、「茜」の寂しさをうまく表現している。
  • 「過去」のエピソードを振り返ることで、過去と現在と未来をうまくつないでいる。
  • 「茜」と「晴人」のズレを描くことで、二人の未来への不安が強調されている。
Q3
小説を読むことの面白さのひとつを説明したものとして、正しいものはどれですか?
  • 現実の自分自身の悩みや不安に対する解決策が、必ず小説の中からみつけられること。
  • 小説に描かれた人間関係や心情をきっかけに、現実のできごとを客観的に振り返れること。
  • 実話ではない小説は作られた物語なので、現実の悩みや不安を忘れることができること。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約