NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第39回 とんかつ (1) (三浦哲郎)

問題 解答
Q1 小説の「設定」を把握するためには、どのようなことを意識すると良いでしょうか?
  • 自分が面白いと思えるか、共感できるかという価値観を大切にすること。
  • 物語の場面を意識し、時間や場所、出て来る人物などをしっかり読み取ること。
  • 想像しすぎないように注意し、自分の知っている範囲で場面を捉えること。
Q2 作品から読み取れる「息子」の人物像として、正しいものはどれですか?
  • 凛として鍛え抜かれた精神の持ち主。
  • 引っ込み思案な少年。
  • 少し恥ずかしがり屋でひょうきんな子ども。
Q3 宿の女将と女中は、母親と息子の二人に対して、どのような疑いを感じていましたか。
  • 親子心中など人に言えない理由でやってきた厄介な客。
  • 自分たちの宿に来てほしくない薄気味悪い客。
  • 貧しくみすぼらしい身なりで来た迷惑な客。
Q1
小説の「設定」を把握するためには、どのようなことを意識すると良いでしょうか?
  • 自分が面白いと思えるか、共感できるかという価値観を大切にすること。
  • 物語の場面を意識し、時間や場所、出て来る人物などをしっかり読み取ること。
  • 想像しすぎないように注意し、自分の知っている範囲で場面を捉えること。
Q2
作品から読み取れる「息子」の人物像として、正しいものはどれですか?
  • 凛として鍛え抜かれた精神の持ち主。
  • 引っ込み思案な少年。
  • 少し恥ずかしがり屋でひょうきんな子ども。
Q3
宿の女将と女中は、母親と息子の二人に対して、どのような疑いを感じていましたか。
  • 親子心中など人に言えない理由でやってきた厄介な客。
  • 自分たちの宿に来てほしくない薄気味悪い客。
  • 貧しくみすぼらしい身なりで来た迷惑な客。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約