NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第26回 柳あをめる(短歌) (2)

問題 解答
Q1 俵万智の短歌「君のため空白なりし手帳にも予定を入れぬ鉛筆書きで」から、作者のどのような心情を読み取れますか。
  • 別れてしまった恋人に対する未練。
  • 恋人になかなか会えない切なさ。
  • 恋人との別れを決意した潔さ。
Q2 正岡子規の短歌「瓶にさす藤の花ぶさみじかければたたみの上にとどかざりけり」の、「たたみの上にとどかざりけり」に読み取れる作者の気持ちとして正しいものはどれですか。
  • 畳の上に寝ている自分と美しく咲く「藤の花」とを比べ、自分も同じように美しくなりたいと願う気持ち。
  • 自分の病床までは届かない、美しい盛りの「藤の花ぶさ」に対して、もっと近くで見て触れたいと願う気持ち。
  • 自分が美しく花瓶に生けた「藤の花ぶさ」をながめながら、もっと美しく咲いてほしいと願う気持ち。
Q3 寺山修司の短歌「ふるさとの訛りなくせし友といてモカ珈琲はかくまでにがし」の「にがし」には、どのような気持ちを読み取れますか。
  • まだまだ珈琲を飲み慣れない自分が情けなく苦々しく感じている。
  • すっかり都会の人になってふるさとへの愛着を失った自分を苦々しく感じている。
  • 故郷の訛りを失くし都会に染まっていく友人を苦々しく感じている。
Q1
俵万智の短歌「君のため空白なりし手帳にも予定を入れぬ鉛筆書きで」から、作者のどのような心情を読み取れますか。
  • 別れてしまった恋人に対する未練。
  • 恋人になかなか会えない切なさ。
  • 恋人との別れを決意した潔さ。
Q2
正岡子規の短歌「瓶にさす藤の花ぶさみじかければたたみの上にとどかざりけり」の、「たたみの上にとどかざりけり」に読み取れる作者の気持ちとして正しいものはどれですか。
  • 畳の上に寝ている自分と美しく咲く「藤の花」とを比べ、自分も同じように美しくなりたいと願う気持ち。
  • 自分の病床までは届かない、美しい盛りの「藤の花ぶさ」に対して、もっと近くで見て触れたいと願う気持ち。
  • 自分が美しく花瓶に生けた「藤の花ぶさ」をながめながら、もっと美しく咲いてほしいと願う気持ち。
Q3
寺山修司の短歌「ふるさとの訛りなくせし友といてモカ珈琲はかくまでにがし」の「にがし」には、どのような気持ちを読み取れますか。
  • まだまだ珈琲を飲み慣れない自分が情けなく苦々しく感じている。
  • すっかり都会の人になってふるさとへの愛着を失った自分を苦々しく感じている。
  • 故郷の訛りを失くし都会に染まっていく友人を苦々しく感じている。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約