NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第23回 故事成語 「五十歩百歩」 (孟子)

問題 解答
Q1 「五十歩而後止。」を、書き下し文にするとどうなりますか。
  • 五十歩にして而し後に止まる。
  • 五十歩にして後に止まる。
  • 五十歩にして止まりて後に。
Q2 「五十歩百歩」という故事成語の意味として、正しいものはどれですか。
  • どちらも逃げたことに変わりなく、大した差は無いということ。
  • どちらも逃げたことに変わりないので、臆病者は許してはならないということ。
  • どちらも努力には変わりがなく、優しさをもって人に接するべきだということ。
Q3 「五十歩百歩」の話を用いて、孟子が恵王に言いたかったことは何でしょうか。
  • 恵王の政治は、他国よりもひどいということ。
  • 恵王の政治は、他国よりも優れているということ。
  • 恵王の政治も、他国の政治も大して変わりがないということ。
Q1
「五十歩而後止。」を、書き下し文にするとどうなりますか。
  • 五十歩にして而し後に止まる。
  • 五十歩にして後に止まる。
  • 五十歩にして止まりて後に。
Q2
「五十歩百歩」という故事成語の意味として、正しいものはどれですか。
  • どちらも逃げたことに変わりなく、大した差は無いということ。
  • どちらも逃げたことに変わりないので、臆病者は許してはならないということ。
  • どちらも努力には変わりがなく、優しさをもって人に接するべきだということ。
Q3
「五十歩百歩」の話を用いて、孟子が恵王に言いたかったことは何でしょうか。
  • 恵王の政治は、他国よりもひどいということ。
  • 恵王の政治は、他国よりも優れているということ。
  • 恵王の政治も、他国の政治も大して変わりがないということ。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約