NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第19回 枕草子 うつくしきもの (2)

問題 解答
Q1 本文後半に、幼い子供の「声は幼げにて文読みたる」様子を「いとうつくし」と述べていますが、この「文」とは何を読んでいるのでしょうか。
  • 子供が親からもらった「手紙」。
  • 読み始めた「漢文の書物」。
  • 大事な人に当てた「恋文」。
Q2 『枕草子』は約300の「章段」と呼ばれる文章からなっています。それらを大きく3つに分類することができますが、今回の「うつくしきもの」は、次のどの章段に分類されますか?
  • 類聚(るいじゅう)的章段
  • 日記的章段
  • 随想的章段
Q3 作者である清少納言は、どのような仕事をしていた人物ですか?
  • 宮廷の中で中宮にお仕えしていた。
  • 宮廷の中で若い天皇にものをお教えしていた。
  • 宮廷で作家として執筆に専念していた。
Q1
本文後半に、幼い子供の「声は幼げにて文読みたる」様子を「いとうつくし」と述べていますが、この「文」とは何を読んでいるのでしょうか。
  • 子供が親からもらった「手紙」。
  • 読み始めた「漢文の書物」。
  • 大事な人に当てた「恋文」。
Q2
『枕草子』は約300の「章段」と呼ばれる文章からなっています。それらを大きく3つに分類することができますが、今回の「うつくしきもの」は、次のどの章段に分類されますか?
  • 類聚(るいじゅう)的章段
  • 日記的章段
  • 随想的章段
Q3
作者である清少納言は、どのような仕事をしていた人物ですか?
  • 宮廷の中で中宮にお仕えしていた。
  • 宮廷の中で若い天皇にものをお教えしていた。
  • 宮廷で作家として執筆に専念していた。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約