NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第17回 ●古文の窓 「兼好法師、こんな一面も」

問題 解答
Q1 兼好法師はいつ頃『徒然草』を書いたのでしょうか。
  • 鎌倉時代終わりごろ。
  • 室町時代。
  • 江戸時代はじめ。
Q2 兼好法師は、出家する前は何をしていたのでしょうか。
  • やることもなく退屈にすごしていた。
  • 武士として宮廷を警護していた。
  • 社会から離れ執筆に専念していた。
Q3 兼好法師は、和歌の歌人としてはどのように評価されていたのでしょうか。
  • 百人一首に作品が選ばれた。
  • 最も権威のある和歌の先生になった。
  • 和歌四天王と呼ばれた。
Q1
兼好法師はいつ頃『徒然草』を書いたのでしょうか。
  • 鎌倉時代終わりごろ。
  • 室町時代。
  • 江戸時代はじめ。
Q2
兼好法師は、出家する前は何をしていたのでしょうか。
  • やることもなく退屈にすごしていた。
  • 武士として宮廷を警護していた。
  • 社会から離れ執筆に専念していた。
Q3
兼好法師は、和歌の歌人としてはどのように評価されていたのでしょうか。
  • 百人一首に作品が選ばれた。
  • 最も権威のある和歌の先生になった。
  • 和歌四天王と呼ばれた。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約