NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第8回 さくらさくらさくら (2) (俵 万智)

問題 解答
Q1 俵万智さんの「散るという飛翔のかたち花びらはふと微笑んで枝を離れる」という短歌に用いられている表現上の技法の説明として正しいものはどれでしょうか。
  • 花が散る様子を強調するために「散るという飛翔」と「体言止め」にしている。
  • 心の揺れ動きを表すためにわざと「字余り」を用いてリズムを複雑にしている。
  • 「擬人法」を用い、花びらが自分の意志で飛び立つかのような印象を持たせている。
Q2 「自分の心が散るとき」という表現がありますが、作者のどのような心情を読み取ることができるでしょうか。
  • 自分の思い通りに事が運ばず、気持ちが乱れたり萎(しお)れたりしている状態
  • 新しい生活への旅立ちを迎えた希望にあふれる気持ち。
  • 風に吹かれ気ままに生きていくゆったりとした気持ち。
Q3 日本人が「桜」を「別格の女王様」というほど「思い入れ」を感じるのはどうしてでしょうか。
  • 海外の人々に理解されない感性を、特別で個性的だと誇りに思っているから。
  • 昔から現代に至るまで、普遍的な感性の中で「桜」の存在が受け継がれてきたから。
  • 日本のぼんやりとした空によく合う、薄い色合いの花が他にはないから。
Q1
俵万智さんの「散るという飛翔のかたち花びらはふと微笑んで枝を離れる」という短歌に用いられている表現上の技法の説明として正しいものはどれでしょうか。
  • 花が散る様子を強調するために「散るという飛翔」と「体言止め」にしている。
  • 心の揺れ動きを表すためにわざと「字余り」を用いてリズムを複雑にしている。
  • 「擬人法」を用い、花びらが自分の意志で飛び立つかのような印象を持たせている。
Q2
「自分の心が散るとき」という表現がありますが、作者のどのような心情を読み取ることができるでしょうか。
  • 自分の思い通りに事が運ばず、気持ちが乱れたり萎(しお)れたりしている状態
  • 新しい生活への旅立ちを迎えた希望にあふれる気持ち。
  • 風に吹かれ気ままに生きていくゆったりとした気持ち。
Q3
日本人が「桜」を「別格の女王様」というほど「思い入れ」を感じるのはどうしてでしょうか。
  • 海外の人々に理解されない感性を、特別で個性的だと誇りに思っているから。
  • 昔から現代に至るまで、普遍的な感性の中で「桜」の存在が受け継がれてきたから。
  • 日本のぼんやりとした空によく合う、薄い色合いの花が他にはないから。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約