NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第7回 さくらさくらさくら (1) (俵 万智)

問題 解答
Q1 筆者がこの随筆で述べている話題を正しく説明しているものはどれですか?
  • 日本の歌人にとって「桜」は、ナンバーワンの花である。
  • 日本人の「桜」に対する思い入れは、海外の人々にも共感される。
  • 日本の歌人にとって思い入れの強い「桜」は最も扱いやすい花である。
Q2 「桜」について、咲いている空間、時間、日本の春という舞台の全てを含めて桜なのだと述べられています。そのような考え方を踏まえた行為として正しいものはどれでしょうか。
  • 大人になったら、思い出がつまった校庭の桜の下で友達とお花見をして、時の流れを味わう。
  • 咲く場所によって異なる桜の花びらの色について、いくつかサンプルを集めて比較し、研究結果を発表する。
  • 時間をかけてお花見をすることで、花びら、木の幹、枝、さらには根っこに至るまで、あらゆる部分から桜が持つ癒やしの力を取り入れる。
Q3 「歌人にとっては、桜というのは最も歌いたくて、最も歌いにくい花」とありましたが、どのような心情を表しているのでしょうか。
  • 「桜」への思い入れが強すぎて、言葉にしようとすると感情が抑えきれなくなり、<五七五七七>のリズムに合わせることがとても難しいという気持ち。
  • 桜への思い入れは強く歌にしたいものの、既に多くの「桜」の歌があり「名歌」と呼ばれるものもたくさんあって、自分が作品を残すのは気が引けるという思い。
  • 「桜」は日本人が愛する花の代表であり、そのような花を作品にするのはあまりにも当たり前すぎて面白味が感じられないという気持ち。
Q1
筆者がこの随筆で述べている話題を正しく説明しているものはどれですか?
  • 日本の歌人にとって「桜」は、ナンバーワンの花である。
  • 日本人の「桜」に対する思い入れは、海外の人々にも共感される。
  • 日本の歌人にとって思い入れの強い「桜」は最も扱いやすい花である。
Q2
「桜」について、咲いている空間、時間、日本の春という舞台の全てを含めて桜なのだと述べられています。そのような考え方を踏まえた行為として正しいものはどれでしょうか。
  • 大人になったら、思い出がつまった校庭の桜の下で友達とお花見をして、時の流れを味わう。
  • 咲く場所によって異なる桜の花びらの色について、いくつかサンプルを集めて比較し、研究結果を発表する。
  • 時間をかけてお花見をすることで、花びら、木の幹、枝、さらには根っこに至るまで、あらゆる部分から桜が持つ癒やしの力を取り入れる。
Q3
「歌人にとっては、桜というのは最も歌いたくて、最も歌いにくい花」とありましたが、どのような心情を表しているのでしょうか。
  • 「桜」への思い入れが強すぎて、言葉にしようとすると感情が抑えきれなくなり、<五七五七七>のリズムに合わせることがとても難しいという気持ち。
  • 桜への思い入れは強く歌にしたいものの、既に多くの「桜」の歌があり「名歌」と呼ばれるものもたくさんあって、自分が作品を残すのは気が引けるという思い。
  • 「桜」は日本人が愛する花の代表であり、そのような花を作品にするのはあまりにも当たり前すぎて面白味が感じられないという気持ち。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約