NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第5回 宇治拾遺物語 絵仏師良秀 (1)

問題 解答
Q1 火事に見舞われた「良秀」の行動として正しいのはどれですか。
  • 家が燃える様子を見て、ただただ慌てふためいている。
  • 家の中に残してきた大事な仏の絵を取りに戻ろうとしている。
  • 取り残された家族を助けることもなくただ眺めている。
Q2 本文の「人の書かする仏もおはしけり」の「書か」は動詞ですが、この動詞の活用の「行」と「種類」が正しいものはどれですか。
  • カ行四段活用
  • サ行四段活用
  • カ行上一段活用
Q3 火事を心配した人々が見舞いに来てくれた時の「良秀」の様子として正しいものはどれですか。
  • 燃えさかる炎を前に、ただただ悲しみ、涙を流していた。
  • 燃える家を眺めながら、時々笑みを浮かべ、うなずいていた。
  • 見舞いに来てくれた人々に微笑み、感謝の気持ちを伝えていた。
Q1
火事に見舞われた「良秀」の行動として正しいのはどれですか。
  • 家が燃える様子を見て、ただただ慌てふためいている。
  • 家の中に残してきた大事な仏の絵を取りに戻ろうとしている。
  • 取り残された家族を助けることもなくただ眺めている。
Q2
本文の「人の書かする仏もおはしけり」の「書か」は動詞ですが、この動詞の活用の「行」と「種類」が正しいものはどれですか。
  • カ行四段活用
  • サ行四段活用
  • カ行上一段活用
Q3
火事を心配した人々が見舞いに来てくれた時の「良秀」の様子として正しいものはどれですか。
  • 燃えさかる炎を前に、ただただ悲しみ、涙を流していた。
  • 燃える家を眺めながら、時々笑みを浮かべ、うなずいていた。
  • 見舞いに来てくれた人々に微笑み、感謝の気持ちを伝えていた。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約