NHK高校講座

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

  • 高校講座HOME
  • >> 言語文化
  • >> 第14回 [古文] 随筆 日々の思い 徒然草 奥山に、猫またといふものありて (2)

言語文化

ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、2022年度の新番組です。

今回の学習

徒然草 奥山に、猫またといふものありて (2)

  • オープニング〜朗読(2分34秒)
  • 後半の法師の行動を理解する(4分55秒)
  • 事の真相を理解し、この段の教訓を考える(3分57秒)
  • 助動詞のはたらきを理解する(6分25秒)
  • 今日のまとめ〜エンディング(2分7秒)
  • 1/5
    オープニング〜朗読(2分34秒)
  • 2/5
    後半の法師の行動を理解する(4分55秒)
  • 3/5
    事の真相を理解し、この段の教訓を考える(3分57秒)
  • 4/5
    助動詞のはたらきを理解する(6分25秒)
  • 5/5
    今日のまとめ〜エンディング(2分7秒)

【学習のねらい】
『徒然草』第八十九段「奥山に、猫またといふものありて」の後半を読みます。「猫また」に襲われたと思った法師はその後どうなったのか。事の真相を理解していきます。そして、この話から得られる教訓を考えます。また、助動詞の基本的な働きを学習します。

  • 講師:上智大学教授・山本 章博
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約