NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第80回 山月記 (4)

問題 解答
Q1 李徴が袁傪に自分が人間だったときに作った詩を「伝録」してほしいと頼んだのはなぜか。
  • 自分自身が消滅した後にも、李徴という人間の作った詩や名を後世に残して、永遠に生き続けたいから
  • 自分の作った立派な詩を袁傪に託すことで、袁傪の名前で発表すれば後世に残る名詩になると思ったから
  • 後世に自分の名を残すために伝録したいというのは口実で、本当は親友の袁傪にだけは自分の詩を聞いてほしいと思ったから
Q2 袁傪は李徴の詩をどのように評価していたか。
  • 李徴の若いころの才能があふれるような華麗な詩であるが、虎になった獣の心が混じっている。
  • 詩の趣も深く品格も素晴らしい非凡な詩であるが、一流となるには何か足りないものがある。
  • 自分のことばかり考えているような自分勝手な詩であり、詠む人のことを何も考えていない駄作である。
Q3 李徴が即興で詠んだ詩はどのような内容が含まれているか。
  • 虎としての強さや偉大さを誇り、誰も寄り付けないほど獣の中の獣になっているという威厳に満ちた内容
  • 自分が虎になってしまったために、気になっている妻子のことを友に託したい思いであふれている優しさに満ちた内容
  • 運命のいたずらで獣になり、友の今の状況と比較できないくらいに孤独な寂しさを抱えて生きているという内容
Q1
李徴が袁傪に自分が人間だったときに作った詩を「伝録」してほしいと頼んだのはなぜか。
  • 自分自身が消滅した後にも、李徴という人間の作った詩や名を後世に残して、永遠に生き続けたいから
  • 自分の作った立派な詩を袁傪に託すことで、袁傪の名前で発表すれば後世に残る名詩になると思ったから
  • 後世に自分の名を残すために伝録したいというのは口実で、本当は親友の袁傪にだけは自分の詩を聞いてほしいと思ったから
Q2
袁傪は李徴の詩をどのように評価していたか。
  • 李徴の若いころの才能があふれるような華麗な詩であるが、虎になった獣の心が混じっている。
  • 詩の趣も深く品格も素晴らしい非凡な詩であるが、一流となるには何か足りないものがある。
  • 自分のことばかり考えているような自分勝手な詩であり、詠む人のことを何も考えていない駄作である。
Q3
李徴が即興で詠んだ詩はどのような内容が含まれているか。
  • 虎としての強さや偉大さを誇り、誰も寄り付けないほど獣の中の獣になっているという威厳に満ちた内容
  • 自分が虎になってしまったために、気になっている妻子のことを友に託したい思いであふれている優しさに満ちた内容
  • 運命のいたずらで獣になり、友の今の状況と比較できないくらいに孤独な寂しさを抱えて生きているという内容
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約