NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第76回 山椒魚 (4)

問題 解答
Q1 「悲嘆にくれている者を、いつまでもその状態に置いとくのは、よし悪しである。」とあるが、岩屋から永遠に出られないことになった山椒魚の心に起きた変化とはどのようなものであったのか。
  • 岩屋に飛び込んで狼狽している蛙にやさしく話しかけ、歓迎するまでの心の余裕が生まれた。
  • 岩屋での生活に慣れてきて、悲しみや孤独に負けない勇気を持つことができるようになった。
  • 岩屋に紛れ込んだ蛙を自分と同じ不幸に陥れるという、よくない性質をもつようになった。
Q2 「今でも別にお前のことを怒ってはいないんだ。」という蛙の表現には、山椒魚に対するどのような心情が込められていると考えられるか。
  • 岩屋の中で絶望と孤独を感じていた山椒魚の悲しみを理解し、気遣っている。
  • 岩屋に閉じ込められた恨みと悲しみを山椒魚に悟られないように、強がっている。
  • 山椒魚と和解するために、事実とは反対のことを言って関心を引こうとしている。
Q3 この物語の世界を人間社会に置き換えてみた時に、山椒魚の姿や心情に投影されているものとして適するのは何か。
  • 「岩屋から出られない山椒魚」というところから、外界に対する恐怖や不安のために、一歩を踏み出すことのできない人間の心の弱さが投影されている。
  • 「頭の大きい山椒魚」というところから、自分自身の知識や知性に固執するあまり、周囲に適合できなくなってしまった人間の苦悩や悲哀が投影されている。
  • 「山椒魚と蛙が最後にはわかりあえた」というところから、良好な人間関係がもたらす大きな感動と喜びが投影されている。
Q1
「悲嘆にくれている者を、いつまでもその状態に置いとくのは、よし悪しである。」とあるが、岩屋から永遠に出られないことになった山椒魚の心に起きた変化とはどのようなものであったのか。
  • 岩屋に飛び込んで狼狽している蛙にやさしく話しかけ、歓迎するまでの心の余裕が生まれた。
  • 岩屋での生活に慣れてきて、悲しみや孤独に負けない勇気を持つことができるようになった。
  • 岩屋に紛れ込んだ蛙を自分と同じ不幸に陥れるという、よくない性質をもつようになった。
Q2
「今でも別にお前のことを怒ってはいないんだ。」という蛙の表現には、山椒魚に対するどのような心情が込められていると考えられるか。
  • 岩屋の中で絶望と孤独を感じていた山椒魚の悲しみを理解し、気遣っている。
  • 岩屋に閉じ込められた恨みと悲しみを山椒魚に悟られないように、強がっている。
  • 山椒魚と和解するために、事実とは反対のことを言って関心を引こうとしている。
Q3
この物語の世界を人間社会に置き換えてみた時に、山椒魚の姿や心情に投影されているものとして適するのは何か。
  • 「岩屋から出られない山椒魚」というところから、外界に対する恐怖や不安のために、一歩を踏み出すことのできない人間の心の弱さが投影されている。
  • 「頭の大きい山椒魚」というところから、自分自身の知識や知性に固執するあまり、周囲に適合できなくなってしまった人間の苦悩や悲哀が投影されている。
  • 「山椒魚と蛙が最後にはわかりあえた」というところから、良好な人間関係がもたらす大きな感動と喜びが投影されている。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約