NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第74回 山椒魚 (2)

問題 解答
Q1 山椒魚が、谷川を泳ぐめだかのことを「なんという不自由千万なやつらであろう!」と嘲笑する理由は何か。
  • めだかには、「群れ全体で同じ動きをすることによって身を守る」という谷川で泳ぐものに課せられた約束事があったから。
  • めだかには、「常に群れ、集団でしか動くことのできない、窮屈な環境におかれている」という不自由さがあったから。
  • めだかには、「周囲の状況に流されやすく、集団に同調してしか行動できない」という人間の思い込みによる視線が注がれているから。
Q2 岩屋に来た一匹の小えびに向けての「屈託したりもの思いにふけったりするやつは、ばかだよ。」という山椒魚の言葉にはどのような意味がこめられているのだろうか。
  • 山椒魚自身を批判し、自己否定をする意味。
  • 岩屋に紛れ込んでしまった小えびをなぐさめる意味。
  • 岩屋をのぞき込む人間を嘲笑する意味。
Q3 山椒魚は小えびになぜ失笑されることになったのか。
  • 「屈託したりもの思いにふけったりするやつはばかだ」と得意げになっていた山椒魚には、実は岩屋の外に出る勇気がなく、岩屋の出口に突進した際にも本気の力を出していなかったということがわかったから。
  • 「コロップの栓」のような頭を持った山椒魚の体に、自らの卵を産みつけようとした小えびの企みが、山椒魚の岩屋への突進により実現できなくなってしまったから。
  • 「どうしても岩屋の外に出なくてはならない」という山椒魚の決心が、山椒魚自身の頭が出口に詰まっては引っこ抜かれるというユーモラスな行動で終わることになり、悲劇的な結果となってしまったから。
Q1
山椒魚が、谷川を泳ぐめだかのことを「なんという不自由千万なやつらであろう!」と嘲笑する理由は何か。
  • めだかには、「群れ全体で同じ動きをすることによって身を守る」という谷川で泳ぐものに課せられた約束事があったから。
  • めだかには、「常に群れ、集団でしか動くことのできない、窮屈な環境におかれている」という不自由さがあったから。
  • めだかには、「周囲の状況に流されやすく、集団に同調してしか行動できない」という人間の思い込みによる視線が注がれているから。
Q2
岩屋に来た一匹の小えびに向けての「屈託したりもの思いにふけったりするやつは、ばかだよ。」という山椒魚の言葉にはどのような意味がこめられているのだろうか。
  • 山椒魚自身を批判し、自己否定をする意味。
  • 岩屋に紛れ込んでしまった小えびをなぐさめる意味。
  • 岩屋をのぞき込む人間を嘲笑する意味。
Q3
山椒魚は小えびになぜ失笑されることになったのか。
  • 「屈託したりもの思いにふけったりするやつはばかだ」と得意げになっていた山椒魚には、実は岩屋の外に出る勇気がなく、岩屋の出口に突進した際にも本気の力を出していなかったということがわかったから。
  • 「コロップの栓」のような頭を持った山椒魚の体に、自らの卵を産みつけようとした小えびの企みが、山椒魚の岩屋への突進により実現できなくなってしまったから。
  • 「どうしても岩屋の外に出なくてはならない」という山椒魚の決心が、山椒魚自身の頭が出口に詰まっては引っこ抜かれるというユーモラスな行動で終わることになり、悲劇的な結果となってしまったから。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約