NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第70回 文化とは何か (2)

問題 解答
Q1 筆者は、異文化理解をしていくためにはどのようなことが必要だといっているか。
  • 人間中心の文化の中に自然現象を含めた自然界を取り入れ、自然と人間の相互理解を目的とした考え方を持つことが必要である。
  • いろいろな集団に同時に所属し、どの文化が良いとか悪いとかの議論を深めていくことが必要である。
  • 文化には客観的な違いが存在するということを知り、その「違い」には相違点もあるが共通点もあるという視点が必要である。
Q2 文化による違いから生じる「文化間の違いの度合い」に対する私たちの考え方は、他の文化に対する許容範囲をどのようにとらえることになるのか。
  • 許容範囲が広がる
  • 許容範囲は変わらない
  • 許容範囲が狭くなる
Q3 どのようにすれば他の文化を受け入れることができるのか。
  • それぞれの文化の共通する部分・価値観を意識的に見つける。
  • 文化的衝突を繰り返しながら互いを認め合う。
  • 自文化中心主義の価値基準を標準として考える。
Q1
筆者は、異文化理解をしていくためにはどのようなことが必要だといっているか。
  • 人間中心の文化の中に自然現象を含めた自然界を取り入れ、自然と人間の相互理解を目的とした考え方を持つことが必要である。
  • いろいろな集団に同時に所属し、どの文化が良いとか悪いとかの議論を深めていくことが必要である。
  • 文化には客観的な違いが存在するということを知り、その「違い」には相違点もあるが共通点もあるという視点が必要である。
Q2
文化による違いから生じる「文化間の違いの度合い」に対する私たちの考え方は、他の文化に対する許容範囲をどのようにとらえることになるのか。
  • 許容範囲が広がる
  • 許容範囲は変わらない
  • 許容範囲が狭くなる
Q3
どのようにすれば他の文化を受け入れることができるのか。
  • それぞれの文化の共通する部分・価値観を意識的に見つける。
  • 文化的衝突を繰り返しながら互いを認め合う。
  • 自文化中心主義の価値基準を標準として考える。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約