NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第65回 折々のうた (1) (大岡 信)

問題 解答
Q1 「しんんしんと」の句の「しんしんと」という言葉の説明として最も適切なものを次から選びなさい。
  • 見れば見るほど深まる海の青い色彩を形容している。
  • あたり一面を遮るものが何もない様子を伝えている。
  • 澄みきった海の青色が肺にしみわたっていく様子を表している。
Q2 「ものの種子」の句はどのような情感を歌ったものか。
  • 種子を握ったときに感じる避けがたい死の運命への共感
  • 種子を握る手の感触を通して、胸にわきあがる生命の躍動感
  • 種子を握るように生命は握ることができない永遠のもどかしさ
Q3 「ぼうたんの」の句の鑑賞として最も適したものを次から選びなさい。
  • 「湯のように」という言葉によって現実の花の揺らぎと作者の心の揺らぎが見事に混ぜ合わされている。
  • 「湯のように」という言葉によって長く湯につかって疲れた身体とたくさんの牡丹の花が咲き疲れた様子とが重ねられている。
  • 「百のゆるるは」という数の多さを表すことによって、色とりどりに咲く牡丹を映像化している。
Q1
「しんんしんと」の句の「しんしんと」という言葉の説明として最も適切なものを次から選びなさい。
  • 見れば見るほど深まる海の青い色彩を形容している。
  • あたり一面を遮るものが何もない様子を伝えている。
  • 澄みきった海の青色が肺にしみわたっていく様子を表している。
Q2
「ものの種子」の句はどのような情感を歌ったものか。
  • 種子を握ったときに感じる避けがたい死の運命への共感
  • 種子を握る手の感触を通して、胸にわきあがる生命の躍動感
  • 種子を握るように生命は握ることができない永遠のもどかしさ
Q3
「ぼうたんの」の句の鑑賞として最も適したものを次から選びなさい。
  • 「湯のように」という言葉によって現実の花の揺らぎと作者の心の揺らぎが見事に混ぜ合わされている。
  • 「湯のように」という言葉によって長く湯につかって疲れた身体とたくさんの牡丹の花が咲き疲れた様子とが重ねられている。
  • 「百のゆるるは」という数の多さを表すことによって、色とりどりに咲く牡丹を映像化している。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約