NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第60回 <私>時代のデモクラシー (2)

問題 解答
Q1 価値基準をなぜ、「私」や「個人」が決めなければならないのか。
  • 「私」という「個人」は特別な存在であり、それをアイデンティティとして認めてもらいたいから
  • 「私」という「個人」は誰からも平等に評価されるべきだから
  • 競争社会となり、誰もが「ナンバーワン」を目指すようになったから
Q2 現代の「パラドックス」とは何か。
  • 「私」という個人が目立ち過ぎると、周囲から批判されてしまうこと
  • 「私」という個人に着目しながらも、「私たち」という新しい共同体に価値を置くこと
  • 「私」という個人が特別なヒーローやヒロインになってしまうこと
Q3 筆者はどのような「私」時代のデモクラシーを期待しているか。
  • 「私」という個人をたくさん集め、「私たち」のサイズを大きくし、国家規模で平和な社会を築くこと
  • 他人とは違った自分を主張し、また、他人の主張も認めながら、しかし、個として分離していない「私たち」という共同体を作り、未来を切り拓くこと
  • 「私たち」の身の回りにおける多くの問題を「私」という個人が斬新なアイディアで未来を切り拓くこと
Q1
価値基準をなぜ、「私」や「個人」が決めなければならないのか。
  • 「私」という「個人」は特別な存在であり、それをアイデンティティとして認めてもらいたいから
  • 「私」という「個人」は誰からも平等に評価されるべきだから
  • 競争社会となり、誰もが「ナンバーワン」を目指すようになったから
Q2
現代の「パラドックス」とは何か。
  • 「私」という個人が目立ち過ぎると、周囲から批判されてしまうこと
  • 「私」という個人に着目しながらも、「私たち」という新しい共同体に価値を置くこと
  • 「私」という個人が特別なヒーローやヒロインになってしまうこと
Q3
筆者はどのような「私」時代のデモクラシーを期待しているか。
  • 「私」という個人をたくさん集め、「私たち」のサイズを大きくし、国家規模で平和な社会を築くこと
  • 他人とは違った自分を主張し、また、他人の主張も認めながら、しかし、個として分離していない「私たち」という共同体を作り、未来を切り拓くこと
  • 「私たち」の身の回りにおける多くの問題を「私」という個人が斬新なアイディアで未来を切り拓くこと
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約