NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第54回 ひよこの眼 (6)

問題 解答
Q1 幹生の瞳から感じていた「懐かしさの真相」は何だったのか。
  • 昔に行ったお祭りで販売されていたウサギの円らな瞳
  • 昔に家族と行ったお祭りで、妹を助けてもらった恩人の瞳
  • 昔に飼っていたひよこの、死期を感じているときの瞳
Q2 幹生の死後、亜紀は「人生に対して礼儀正しい人だった」と思ったのはなぜか。
  • 与えられた運命に対して、誠実に向き合おうとし、生きる希望をもっていたから
  • クラスで任された役割をきちんと果たし、人のために尽くせる人だったから
  • 自分にも他人にも厳しく接し、分け隔てなく、堂々と生きていたから
Q3 亜紀は幹生の自殺について「死ぬなんて憎らしいことだ」と思ったのはなぜか。
  • 一緒にこれからの将来の希望を語り合ったのに、期待させといて裏切ったから
  • 「人生に対して礼儀正しい」幹生が、父親の自殺の道連れにされたことが悔しくて、恨めしいから
  • 告白させる展開で話を進めておきながら、自殺するなんて、自分勝手すぎると思ったから
Q1
幹生の瞳から感じていた「懐かしさの真相」は何だったのか。
  • 昔に行ったお祭りで販売されていたウサギの円らな瞳
  • 昔に家族と行ったお祭りで、妹を助けてもらった恩人の瞳
  • 昔に飼っていたひよこの、死期を感じているときの瞳
Q2
幹生の死後、亜紀は「人生に対して礼儀正しい人だった」と思ったのはなぜか。
  • 与えられた運命に対して、誠実に向き合おうとし、生きる希望をもっていたから
  • クラスで任された役割をきちんと果たし、人のために尽くせる人だったから
  • 自分にも他人にも厳しく接し、分け隔てなく、堂々と生きていたから
Q3
亜紀は幹生の自殺について「死ぬなんて憎らしいことだ」と思ったのはなぜか。
  • 一緒にこれからの将来の希望を語り合ったのに、期待させといて裏切ったから
  • 「人生に対して礼儀正しい」幹生が、父親の自殺の道連れにされたことが悔しくて、恨めしいから
  • 告白させる展開で話を進めておきながら、自殺するなんて、自分勝手すぎると思ったから
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約