NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第47回 思い込みの危険性 (1) (安斎育郎)

問題 解答
Q1 「客観的命題」とはどのようなものか。
  • 自分のものの見方や考え方を元に決められるもの
  • 事実に照らして、真偽を判断して決められるもの
  • この世の定めとして、決まっているもの
Q2 「主観的命題」とはどのようなものか。
  • 「3+5=8」のように、答えが決まっているもの
  • 歴史や動かぬ事実によって決められるもの
  • 自分の好み、他人の好みなどによって決められるもの
Q3 自分勝手に判断できない「主観的命題」について考えるときに、注意しなければいけないことは何か。
  • 人類が長い年月をかけて培ってきた共通の価値観をないがしろにしてはいけないこと
  • 多くの意見に触れることで、自分の考え方を変えてはいけないこと
  • 自分の主観を貫くために、論破できる方法を常に考えておくこと
Q1
「客観的命題」とはどのようなものか。
  • 自分のものの見方や考え方を元に決められるもの
  • 事実に照らして、真偽を判断して決められるもの
  • この世の定めとして、決まっているもの
Q2
「主観的命題」とはどのようなものか。
  • 「3+5=8」のように、答えが決まっているもの
  • 歴史や動かぬ事実によって決められるもの
  • 自分の好み、他人の好みなどによって決められるもの
Q3
自分勝手に判断できない「主観的命題」について考えるときに、注意しなければいけないことは何か。
  • 人類が長い年月をかけて培ってきた共通の価値観をないがしろにしてはいけないこと
  • 多くの意見に触れることで、自分の考え方を変えてはいけないこと
  • 自分の主観を貫くために、論破できる方法を常に考えておくこと
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約