NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第41回 こころ (7)

問題 解答
Q1 奥さんにお嬢さんとの結婚を申し込んだあとの「私」は、しばらくどのような日常を送っていたのか。
  • お嬢さんとの結婚の申し込みをしたことを「K」に自分から言うこともできず、身動き取れない状況で不安な日々を過ごしていた。
  • お嬢さんとの結婚の申し込みをしたことを「K」にどういう方法で話せばよいかと毎日奥さんと相談していた。
  • お嬢さんとの結婚の申し込みを「K」が喜んでくれていたと知り、胸がふさがるような苦しさから解放されて安堵していた。
Q2 「K」を出し抜いてお嬢さんとの結婚を勝ち取った「私」だが、そのような状況を知ったとしても全く変化を見せない「K」の超然とした精神に対し、「私」はどのように思ったのか。
  • 無視をされるならば黙って知らん顔をし続けようと思った。
  • 策略では勝っても人間としては負けたと思った。
  • お嬢さんと結婚できるのだから「K」のことなど関係ないと思った。
Q3 「K」の遺書の内容として正しいのはどれか。
  • 自分に対する「私」の卑怯でずるい言動すべてが書かれていた。
  • お嬢さんとの恋が実らなかった理由は「私」の存在だったと書かれていた。
  • 自分は薄志弱行で行く先の望みがないということが書かれていた。
Q1
奥さんにお嬢さんとの結婚を申し込んだあとの「私」は、しばらくどのような日常を送っていたのか。
  • お嬢さんとの結婚の申し込みをしたことを「K」に自分から言うこともできず、身動き取れない状況で不安な日々を過ごしていた。
  • お嬢さんとの結婚の申し込みをしたことを「K」にどういう方法で話せばよいかと毎日奥さんと相談していた。
  • お嬢さんとの結婚の申し込みを「K」が喜んでくれていたと知り、胸がふさがるような苦しさから解放されて安堵していた。
Q2
「K」を出し抜いてお嬢さんとの結婚を勝ち取った「私」だが、そのような状況を知ったとしても全く変化を見せない「K」の超然とした精神に対し、「私」はどのように思ったのか。
  • 無視をされるならば黙って知らん顔をし続けようと思った。
  • 策略では勝っても人間としては負けたと思った。
  • お嬢さんと結婚できるのだから「K」のことなど関係ないと思った。
Q3
「K」の遺書の内容として正しいのはどれか。
  • 自分に対する「私」の卑怯でずるい言動すべてが書かれていた。
  • お嬢さんとの恋が実らなかった理由は「私」の存在だったと書かれていた。
  • 自分は薄志弱行で行く先の望みがないということが書かれていた。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約