NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第32回 鼻 (6)

問題 解答
Q1 本文中の「ほとんど、忘れようとしていたある感覚」とは、どのような感覚か?
  • 自分の鼻を人に笑われたときの感覚
  • 鼻の短くなったのが恨めしくなった感覚
  • 自分の長い鼻がぶら下がっている感覚
Q2 本文中の「鼻が短くなったときと同じような、はればれとした心持ち」とは、どういう心持ちのことか?
  • 鼻の長さが元に戻ったことで、もう人々から笑われることはないという解放感のこと
  • 鼻の長さが短くても長くても、周囲との関係に大きな変化は訪れないという安心感のこと
  • 鼻を短くするための努力が報われた時に感じた、弟子たちとの達成感のこと
Q3 この作品のテーマを考える上で、キーワードとなるのは何か?
  • 内供が克服した「自尊心」と、内供の鼻の長さを短くした弟子の「自尊心」
  • 内供が抱える「自尊心」と、作者が用いた内供の周囲の人々に対する「傍観者の利己主義」
  • 内供が周りの人間に感じた「傍観者の利己主義」と、作者の「自尊心」
Q1
本文中の「ほとんど、忘れようとしていたある感覚」とは、どのような感覚か?
  • 自分の鼻を人に笑われたときの感覚
  • 鼻の短くなったのが恨めしくなった感覚
  • 自分の長い鼻がぶら下がっている感覚
Q2
本文中の「鼻が短くなったときと同じような、はればれとした心持ち」とは、どういう心持ちのことか?
  • 鼻の長さが元に戻ったことで、もう人々から笑われることはないという解放感のこと
  • 鼻の長さが短くても長くても、周囲との関係に大きな変化は訪れないという安心感のこと
  • 鼻を短くするための努力が報われた時に感じた、弟子たちとの達成感のこと
Q3
この作品のテーマを考える上で、キーワードとなるのは何か?
  • 内供が克服した「自尊心」と、内供の鼻の長さを短くした弟子の「自尊心」
  • 内供が抱える「自尊心」と、作者が用いた内供の周囲の人々に対する「傍観者の利己主義」
  • 内供が周りの人間に感じた「傍観者の利己主義」と、作者の「自尊心」
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約