NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第31回 鼻 (5)

問題 解答
Q1 本文中に「人間の心には互いに矛盾した二つの感情がある。」とあるが、二つの感情とは何か?
  • 他人の不幸に対する同情心と他人が不幸を切り抜けたときに感じる悪意や敵意のこと
  • 他人の不幸に対する優越感と他人が不幸を乗り越えた時に感じるライバル心のこと
  • 他人の不幸に対する憐れみの感情と他人が不幸を克服した時の喜びの感情のこと
Q2 小説における作者と主人公の関係について、『鼻』にはどのような特徴があるか?
  • 「作者と主人公が同じ世界にいる」という場面設定が作られている
  • 「主人公が語り手になる」という役割をもって書かれている
  • 「作者の世界は近代で、主人公の世界は古典」という距離感をもって描かれている
Q3 本文中に「 内供はなまじいに、鼻の短くなったのが、かえって恨めしくなった。」とあるが、内供がこのように感じたのはなぜか?
  • 鼻が長かった頃の方がみんなに注目されたり愛されていたりしていて、短くなった今より幸せだったから
  • 鼻が短くなったことでかえって以前よりも笑われるようになり、自尊心が傷ついていったから
  • 鼻の長さがみんなと同じになったことで特徴がなくなり、周囲が笑わなくなってしまったから
Q1
本文中に「人間の心には互いに矛盾した二つの感情がある。」とあるが、二つの感情とは何か?
  • 他人の不幸に対する同情心と他人が不幸を切り抜けたときに感じる悪意や敵意のこと
  • 他人の不幸に対する優越感と他人が不幸を乗り越えた時に感じるライバル心のこと
  • 他人の不幸に対する憐れみの感情と他人が不幸を克服した時の喜びの感情のこと
Q2
小説における作者と主人公の関係について、『鼻』にはどのような特徴があるか?
  • 「作者と主人公が同じ世界にいる」という場面設定が作られている
  • 「主人公が語り手になる」という役割をもって書かれている
  • 「作者の世界は近代で、主人公の世界は古典」という距離感をもって描かれている
Q3
本文中に「 内供はなまじいに、鼻の短くなったのが、かえって恨めしくなった。」とあるが、内供がこのように感じたのはなぜか?
  • 鼻が長かった頃の方がみんなに注目されたり愛されていたりしていて、短くなった今より幸せだったから
  • 鼻が短くなったことでかえって以前よりも笑われるようになり、自尊心が傷ついていったから
  • 鼻の長さがみんなと同じになったことで特徴がなくなり、周囲が笑わなくなってしまったから
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約