NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第21回 短歌と俳句 (1) 短歌

問題 解答
Q1 短歌についての説明の中で、正しいものはどれか?
  • 五七五七七の31音で、必ず季語を入れる。
  • 初句から二句目までの五七を「上の句」、三句から結句までの五七七を「下の句」という。
  • 短歌には「句切れ」、「体言止め」、「反復」、「倒置」、「比喩」などの表現技法がある。
Q2 北原白秋の短歌「白き犬水に飛び入るうつくしさ鳥鳴く鳥鳴く春の川瀬に」に使われていない表現技法はなにか?
  • 擬人法
  • 倒置法
  • 反復
Q3 俵万智の短歌「君と食む三百円のあなごずしそのおいしさを恋とこそ知れ」にある「三百円のあなごずし」はどんなことを象徴しているか?
  • 高級な食べ物
  • 庶民的な食べ物
  • 好き嫌いのない食べ物
Q1
短歌についての説明の中で、正しいものはどれか?
  • 五七五七七の31音で、必ず季語を入れる。
  • 初句から二句目までの五七を「上の句」、三句から結句までの五七七を「下の句」という。
  • 短歌には「句切れ」、「体言止め」、「反復」、「倒置」、「比喩」などの表現技法がある。
Q2
北原白秋の短歌「白き犬水に飛び入るうつくしさ鳥鳴く鳥鳴く春の川瀬に」に使われていない表現技法はなにか?
  • 擬人法
  • 倒置法
  • 反復
Q3
俵万智の短歌「君と食む三百円のあなごずしそのおいしさを恋とこそ知れ」にある「三百円のあなごずし」はどんなことを象徴しているか?
  • 高級な食べ物
  • 庶民的な食べ物
  • 好き嫌いのない食べ物
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約