NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 毎週 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、昨年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第6回 耳を澄ませば世界は広がる (2)

問題 解答
Q1 好意的なフィードバックとはどのようなことか
  • 表現の受け取り手が批判的な反応を示すことで、悪い部分を改善できること
  • 表現の受け取り手が好意的な反応を示すことで、表現がより高まっていくと感じられること
  • 表現の受け取り手の反応を一切気にしないで進めて、最終的に高評価がもらえること
Q2 伝えたいことと伝えきれないときの「誤差を埋める」ときの方法はなにか
  • 相手が納得するまで、同じ説明を繰り返す
  • 自分の伝え方に不十分な点がないかどうか、自分自身に目を向ける
  • 相手の意見を聞き、相手の悪い点を責めて攻撃する
Q3 情報から離れて、自分の世界にいる時間を持つのが難しいのはなぜか
  • 自分の世界にいる時間は、自分でも気づくことができないから
  • 現在の情報化社会では、自分の世界にいる時間もコントロールされているから
  • 現在の情報化社会では、受け取る情報量が多すぎて、自分の心の声が聞きづらいから
Q1
好意的なフィードバックとはどのようなことか
  • 表現の受け取り手が批判的な反応を示すことで、悪い部分を改善できること
  • 表現の受け取り手が好意的な反応を示すことで、表現がより高まっていくと感じられること
  • 表現の受け取り手の反応を一切気にしないで進めて、最終的に高評価がもらえること
Q2
伝えたいことと伝えきれないときの「誤差を埋める」ときの方法はなにか
  • 相手が納得するまで、同じ説明を繰り返す
  • 自分の伝え方に不十分な点がないかどうか、自分自身に目を向ける
  • 相手の意見を聞き、相手の悪い点を責めて攻撃する
Q3
情報から離れて、自分の世界にいる時間を持つのが難しいのはなぜか
  • 自分の世界にいる時間は、自分でも気づくことができないから
  • 現在の情報化社会では、自分の世界にいる時間もコントロールされているから
  • 現在の情報化社会では、受け取る情報量が多すぎて、自分の心の声が聞きづらいから
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約