NHK高校講座

仕事の現場 real

今回の学習

【文具店店主】特色を出して店のフアンを増やす

  • 1/7
    オープニング(1分29秒)
  • 2/7
    いろんな物をたくさん紹介したい(1分38秒)
  • 3/7
    ライフスタイルの変化に対応する(4分47秒)
  • 4/7
    文房具好きが集う大人の部活(4分43秒)
  • 5/7
    子どもたちの「ただいま」の声が好き(1分32秒)
  • 6/7
    成功例を見て歩くのが趣味(2分15秒)
  • 7/7
    専門化する文具店が増えた(3分33秒)

今回のゲストは、文具店店主の三木由紀さんです。大学卒業後、百貨店勤務を経て、家業の文具店を手伝い始めました。店主になって5年。文具店の経営は、少子化や人々のライフスタイルの変化などの影響で、昔に比べて厳しい時代だと三木さんは言います。でも三木さんは、こだわりの品ぞろえをしたり、イベントをしたりして、魅力的なお店になるよう努力を続けているそうです。自分自身、文具が大好きで、「日本の文房具は奥深い」と語る三木さんに、この仕事の面白さや極意について詳しく伺います。

  • ゲスト:文具店店主 三木由紀さん
    MC・リーポーター 廣村季生
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約