NHK高校講座

倫理

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第18回 合理的精神の確立

問題 解答
Q1 スコラ哲学を批判して科学の知識の大切さを説いた人物はだれか。
  • コペルニクス
  • ケプラー
  • ベーコン
Q2 デカルトが考えた「演繹法」の説明として、もっとも適切な内容はどれか。
  • 疑うことのできない確実なことから出発して、論理的に推理を重ね新しい知識を見いだす方法
  • さまざま経験から、それらに共通する法則を見いだす方法
  • 精神と物質は全く異なる相いれないものであるという考え方
Q3 「心も体も全ての物は、唯一の実体である神によって定められていて、全ての物は神につながっている」と考えた哲学者はだれか。
  • ロック
  • スピノザ
  • ニュートン
Q1
スコラ哲学を批判して科学の知識の大切さを説いた人物はだれか。
  • コペルニクス
  • ケプラー
  • ベーコン
Q2
デカルトが考えた「演繹法」の説明として、もっとも適切な内容はどれか。
  • 疑うことのできない確実なことから出発して、論理的に推理を重ね新しい知識を見いだす方法
  • さまざま経験から、それらに共通する法則を見いだす方法
  • 精神と物質は全く異なる相いれないものであるという考え方
Q3
「心も体も全ての物は、唯一の実体である神によって定められていて、全ての物は神につながっている」と考えた哲学者はだれか。
  • ロック
  • スピノザ
  • ニュートン
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約