NHK高校講座

倫理

今回の学習

仏教の受容と発展

  • 1/5
    オープニング(1分2秒)
  • 2/5
    仏教の受容と聖徳太子(4分37秒)
  • 3/5
    平安仏教「最澄・空海」(3分39秒)
  • 4/5
    日本的仏教の誕生「鎌倉仏教」(9分11秒)
  • 5/5
    今日のまとめ(1分29秒)

仏教というものが、どのようにして日本に受容され、日本独自の発展をし、人々の間に定着していったかを考える。まず、はじめて仏教を日本に本格的に導入したとされる聖徳太子が作ったといわれる十七条憲法(憲法十七条)について学ぶ。次に、平安時代の最澄・空海らの仏教の特色について学ぶ。最後に、法然・親鸞・道元・日蓮らによってはじめられた日本独自の仏教である鎌倉仏教について学ぶ。それを通して、仏教というものが日本人の思想形成にどのような影響を与えてきたかを考える。

  • 講師:日本女子大学名誉教授 田中久文
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約