NHK高校講座

倫理

今回の学習

公共性をもとめて

  • 1/5
    オープニング(1分1秒)
  • 2/5
    フランクフルト学派〜ファシズムへの反省〜(6分24秒)
  • 3/5
    アーレント〜公共的空間〜(3分34秒)
  • 4/5
    ウィトゲンシュタイン〜言語ゲーム〜(6分6秒)
  • 5/5
    今日のまとめ(2分53秒)

多様な価値観や考え方をもつ人びとと共に生きていくためには、どのような態度・あり方が求められるのか、西洋思想の反省をふまえて思索した20世紀の哲学者の思想にもとづいて、現代社会における公共性について考える。特に、フランクフルト学派の諸思想を通じて、近代理性の問題点や理性のあり方について考え、アーレントの説く公共的空間の意義について理解を深める。また、ウィトゲンシュタインの思想から、言語の役割について多面的に考える。

  • 講師:日本大学第二高等学校教諭 小林和久
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約