NHK高校講座

倫理

今回の学習

人間と言語をどう考えるか

  • 1/5
    オープニング(58秒)
  • 2/5
    ソシュールの言語学(7分50秒)
  • 3/5
    レヴィ‐ストロースの構造主義(4分52秒)
  • 4/5
    フーコーの権力論(4分15秒)
  • 5/5
    今日のまとめ(2分2秒)

西洋の近代思想の多くは、理性への信頼の上に成り立ち、理性中心主義、人間中心主義を特徴にしていた。しかし、科学技術の急激な発達や、近代化にともなう社会のあり方の変化は、近代的なものの見方・考え方の問い直しにもつながった。また、近代的な理性への反省は、理性的思考をささえる言語についての考え方も問い直すことになった。ソシュールの言語学、レヴィ–ストロースの構造主義、フーコーの権力論について理解することを通じて、人間と言語についての考え方が、どのように問い直されたのか、考えを深める。

  • 講師:日本大学第二高等学校教諭 小林和久
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約