NHK高校講座

古典

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第73回 蜻蛉日記 (1) 〜泔坏の水(1)〜

問題 解答
Q1 『蜻蛉日記』の文学史的な価値は、特にどのような点にありますか?
  • ひらがなを中心とした文章で書いた点。
  • 作者の本名が使われることが無かった点。
  • 女流文学の道を切り開いたといえる点。
Q2 「をさなき人」がひどく泣いた理由は、次のどの表現でわかりますか?
  • はかなきこと言ひ言ひの果てに
  • 「我は今は来じとす。」など言ひ置きて
  • 「こはなぞ、こはなぞ。」と言へど
Q3 「音もせず」とは、どのようなことでしょうか?
  • 兼家から何の音沙汰もないということ。
  • 作者が何も言わなくなったこと。
  • 道綱が泣くのをやめたということ。
Q1
『蜻蛉日記』の文学史的な価値は、特にどのような点にありますか?
  • ひらがなを中心とした文章で書いた点。
  • 作者の本名が使われることが無かった点。
  • 女流文学の道を切り開いたといえる点。
Q2
「をさなき人」がひどく泣いた理由は、次のどの表現でわかりますか?
  • はかなきこと言ひ言ひの果てに
  • 「我は今は来じとす。」など言ひ置きて
  • 「こはなぞ、こはなぞ。」と言へど
Q3
「音もせず」とは、どのようなことでしょうか?
  • 兼家から何の音沙汰もないということ。
  • 作者が何も言わなくなったこと。
  • 道綱が泣くのをやめたということ。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約