NHK高校講座

古典

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第56回 宇津保物語 (2) 〜うつほの母と子(2)〜

問題 解答
Q1 木のうつほに引っ越すと、仲忠にその母は何を教えましたか?
  • 山菜や木の実の採り方を教えた。
  • 山の木を使い琴の作り方を教えた。
  • 俊蔭から伝授された琴の弾き方を教えた。
Q2 感動した猿が取った行動は、次のうちどれですか?
  • 仲忠とその母のために、季節ごとの木の実を持ってきた。
  • 自分たちの住むうつほを、仲忠とその母に譲った。
  • 仲忠とその母をあわれみ、二人のうつほに移り住んだ。
Q3 「子の手」の「手」とは、ここではどのような意味でしょうか?
  • 愛情
  • 腕前
  • 方法
Q1
木のうつほに引っ越すと、仲忠にその母は何を教えましたか?
  • 山菜や木の実の採り方を教えた。
  • 山の木を使い琴の作り方を教えた。
  • 俊蔭から伝授された琴の弾き方を教えた。
Q2
感動した猿が取った行動は、次のうちどれですか?
  • 仲忠とその母のために、季節ごとの木の実を持ってきた。
  • 自分たちの住むうつほを、仲忠とその母に譲った。
  • 仲忠とその母をあわれみ、二人のうつほに移り住んだ。
Q3
「子の手」の「手」とは、ここではどのような意味でしょうか?
  • 愛情
  • 腕前
  • 方法
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約