NHK高校講座

古典

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第48回 四面楚歌 (2) 〜項王の最期〜

問題 解答
Q1 烏江の亭長の発言の意図は、次のうちどれですか?
  • 自分だけが逃げ延びる方法を知っているので、部下として取り立ててほしい。
  • 王として再起をはかるのにふさわしい江東に逃げ、何とか生きのびてほしい。
  • たとえ烏江を渡っても逃げ場はないので、王として最後まで戦ってほしい。
Q2 項羽の「笑」にうかがえる心情として最も適するものは、次のうちどれですか?
  • 船に乗せるのは恩賞を目当てに首を取ろうとしていると、亭長をあざける心情。
  • どんな障壁も乗り越え、生き延びて天下を取ってやると意気込む心情。
  • もはや自分が死ぬことを天命と受けとめ、覚悟を決めて落ち着いた心情。
Q3 項羽に「面した」時の呂馬童の気持ちはどのようなものだったと考えられますか?
  • 項羽が傷だらけになった姿を見て、かつての主君に顔を向けるに忍びない気持ち。
  • 接近戦の中、気づかぬふりをして何とか項羽を助けようとする気持ち。
  • 劉邦に寝返った後ろめたさから、項羽を直視することができない気持ち。
Q1
烏江の亭長の発言の意図は、次のうちどれですか?
  • 自分だけが逃げ延びる方法を知っているので、部下として取り立ててほしい。
  • 王として再起をはかるのにふさわしい江東に逃げ、何とか生きのびてほしい。
  • たとえ烏江を渡っても逃げ場はないので、王として最後まで戦ってほしい。
Q2
項羽の「笑」にうかがえる心情として最も適するものは、次のうちどれですか?
  • 船に乗せるのは恩賞を目当てに首を取ろうとしていると、亭長をあざける心情。
  • どんな障壁も乗り越え、生き延びて天下を取ってやると意気込む心情。
  • もはや自分が死ぬことを天命と受けとめ、覚悟を決めて落ち着いた心情。
Q3
項羽に「面した」時の呂馬童の気持ちはどのようなものだったと考えられますか?
  • 項羽が傷だらけになった姿を見て、かつての主君に顔を向けるに忍びない気持ち。
  • 接近戦の中、気づかぬふりをして何とか項羽を助けようとする気持ち。
  • 劉邦に寝返った後ろめたさから、項羽を直視することができない気持ち。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約